コツをおさえた勉強のやり方を指導し、やる気と自信を引き出す家庭教師。家庭教師のデスクスタイル大阪版。

TOP > 大阪府高校入試問題出題傾向 > 数学

数学

大阪府公立高校入試出題傾向|数学

数学の入試問題の構成
問題数が、大問4つです。
(内にその2つが選択問題:AとBの2種類があります。)

基本的にはA問題の方が易しく、B問題の方が難易度が上がります。
受験生に選択の余地はなく、学校ごとが決めています。

高校ごとの数学の選択問題

選択問題の説明は後回しにして、先ず共通問題の問題から説明します。
共通問題は大問3と4になります。
大問3は関数と規則性の問題が組み合わさった問題です。
大問4は立体図形の問題の応用問題になっています。

この問題3と問題4は公立高校の後期試験を受験する場合は必須問題になります。
しっかりと準備しておきましょう。
この共通問題の3は規則性の問題は色々な公立高校でも出題されています。
入試問題集などを使用して練習しておくといいと思います。
また問題4の立体図形の問題ですが空間図形の問題を特に力をいれて勉強をしておくといいと思われます。

[選択問題]
選択問題は大問の1と2の大問2つです。
問題1に関しては
数・式の計算、因数分解、確率、関数とグラフ。
問題2は平面図形の問題
という形になっています。
A問題もB問題も問題構成はほぼ同じではあるが
Bの問題の方が計算の数字などがやや複雑になっていることと問題2の図形の問題もAと比べると難しくなっている。

家庭教師一日無料体験学習のお申し込みはこちら

ページトップ