コツをおさえた勉強のやり方を指導し、やる気と自信を引き出す家庭教師。家庭教師のデスクスタイル大阪版。

TOP > 家庭教師と塾の比較 > 家庭教師と塾の料金の違い

家庭教師と塾の料金の違い

家庭教師と塾の料金の違い

「家庭教師より塾の方が安いしね。」
「塾も家庭教師もいったい総額でいくらかかるのか分からないわ。」
「やっぱり家庭教師って金額が高いイメージがあるのよね。」

私達がお母さんからよく耳にする本音の言葉です。

塾と家庭教師のどっちが子供達にとって良いのかを考える時に、教育システムや先生の質や相性など色々気になる点はありますが、
金額に関する問題も大事な部分ではないでしょうか?

そこで、塾に行く場合一体どのくらい金額がかかるのか、家庭教師だと大体いくらぐらいの金額なのか?

塾と家庭教師にかかる価格の相場を比較して、特徴なども伏せて料金表も記載しておきます。

あくまでも参考なので、お子さんの状況やお家の事情により、 料金体系に多少の違いはありますが、塾と家庭教師の価格、総額がいくらぐらいかかるのか参考になると思います。


塾にかかる費用・料金の参考例

大手進学塾に三年間通った場合の料金表

 1年生(3教科)2年生(5教科)3年生(5教科)
入塾金(大手進学塾)無し無し無し
月謝(年間)月17,600円(211,000円)月23,500円(305,500円)月26,000円(311,000円)
年間諸経費24,000円35,000円35,000円
年間模試代18,000円18,500円29,500円
年間テキスト代15,000円20,500円27,000円
春期講習10,500円25,000円35,000円
夏期講習29,000円55,000円95,500円
冬期講習17,000円32,000円85,000円+72,000(+入試対策特別講座66,000)
合計324,500円491,000円684,000円
3年間で1,499,500円

補足説明

進学塾であっても、中学受験をしない子の為の「公立進学コース」を設けている大手塾が増えています。
こうしたコースでは高校受験を視野に入れた学習を行っています。
このお子さんの場合、高校受験の為に中1から通塾し、公立難関高校志望のため、中2から5教科を受講しました。
普通は入塾金がかかりますが、この塾は入塾金はありませんでした。

個別指導塾(大手進学塾)に3年間通った場合にかかる料金表

 1年生2年生3年生
入塾金21,000円無し無し
月謝(年間)月25,600円(307,000円)月25,600円(307,000円)40,400円(485,000円)
年間諸経費50,500円50,500円50,500円
年間模試代無し無し26,000(模試6回)
春期講習18,000円18,000円28,000円
夏期講習50,000円50,000円84,000円
冬期講習18,000円18,000円71,000円
合計464,500円443,500円744,500円
3年間で1,652,500円

補足説明

最近は大手進学塾でも、個別指導コースを設けている所が増えています。
この子の場合、お子さんが習い事が忙しかった為、自分の好きな時間に授業を受けられる個別指導コースを選びました。
中学1・2年生の時は週2と通塾を少なめにしましたが、3年生では週3に変更し、春季・夏季・冬季講習の日数も増やしたため、費用は中学1・2年生の比べて2倍近くなりました。
個別指導コースは集団授業のコースに比べて月謝が高めですが、個別指導専門塾に比べれば安めで、意外と費用はかかりません。

大切なお金だけでなく、貴重な時間までも失っていませんか?

皆さん、いかかでしたか?
塾の相場・価格は把握できましたか?

様々な塾が存在し、料金体系も教育方針も様々ですが、金額的には塾も家庭教師もあまり大差ないようです。
子供の将来の為を想って、教育にこれだけの貴重なお金と時間を割くなら、絶対に無駄にはしたくないですよね。

塾や家庭教師に行く目的は、成績を上げて子供達の将来に繋げるためではないでしょうか?

塾に行かせて半年~1年~3年たっても成績は上がらず、変化が無いために勉強やる気や モチベーションが下がり、時間とお金だけがただ流れているのでは無いでしょうか?




参考資料:合格は塾選びで決まる2010~2011年度

家庭教師にかかる費用をデスクスタイルと比較

それでは気になる家庭教師の料金を紹介します

当然センターによって全然違います。
塾でも進学塾、補習塾、学習塾など色々と方針が違う様に
家庭教師でもそれぞれの方針や考え方が違います。

それによって料金も違ってきます。
家庭教師の料金の相場がわかりやすいように参考例を記載しておきます。

 月謝教材の有無家庭教師研修特徴
デスクスタイル14,200~28,900
料金の詳細はコチラ
有り有り家庭教師の先生まかせではなく、予習・復習・定期テスト対策をしっかり行い、教育心理カウンセリングに基づく子どもとの接し方のコーチングを実施し、家庭教師の育成に力をいれています。
A社15000~22000無し無し安さを売りにしている分、家庭教師の研修を行っていなかったりテスト対策も何もやっってくれなかったり家庭教師まかせの指導になってる所が多いようです。
B社30000~50000有り・無し選択可有り・無し両方やはり高い分しっかりとした研修を行いサービスを徹底している業者が多いようです。
C社18000~30000有り形式だけの研修家庭教師の研修も形式だけの研修をしている所が多く、主に教材を販売している所が多いようです。役務付契約をとっている所は良心的な所が多いようです。役務付でない所はただ単に教材販売会社です。

家庭教師では各家庭のご都合に合わせて指導回数や時間で月謝が変わったり、家庭教師センターによっては特別講習等で追加料金の可能性はあります。

家庭教師を中学3年間続けた場合、かかる費用の相場価格は540,000円~1,500,000円ぐらいです。

家庭教師のデスクスタイルでは月謝12,700円~26,200円で指導を行っています。
価格に関しては平均的ですが、勉強のやり方やコツから教えて、子供達の勉強のやる気を引き出す為の勉強方法を一貫して行っています。

指導料金は1時間1,500円で指導させて頂いています。
回数や時間によって一ヶ月にかかる指導料金は様々ですが、生徒さんが受けている回数や時間で一番多いのが1週間に1回で1.5~2時間の指導です。

勉強が出来ない子に、やる気を引き出して、自発的に勉強できるようにして欲しいと希望されるご家庭が多いのですが、それはまさにデスクスタイルが実践している勉強方法です。

デスクスタイル関西校で家庭教師を申し込んだ場合の料金はコチラ

家庭教師一日無料体験学習のお申し込みはこちら

ページトップ