コツをおさえた勉強のやり方を指導し、やる気と自信を引き出す家庭教師。家庭教師のデスクスタイル大阪版。

TOP > こだわり-家庭学習の習慣。小学生、中学生に特化した指導

こだわり-家庭学習の習慣。小学生、中学生に特化した指導

こだわり・・・家庭学習の習慣。小学生、中学生に特化した指導

私たちデスクスタイルは中学生、小学生の生徒を中心に指導を行っています。

しかも、学校の教科書、学校の授業に特化しています。

なぜなら中学生は高校受験をする時に内申点が本当に大切です。

この内申は学校の成績を参考に付けられます。

だからこそ、学校の教科書、学校の授業の完全理解を目指して、どの段階の中学生、小学生にも1対1のピッタリあった指導を行うことが出来ているのです。

デスクスタイルでは中学生と小学生にわからない所を教えるだけではなく、生徒のレベルに合わせて学習のやり方から教えて正しい学習習慣を身に付けます。

正しい学習法というのはいたずらに長い時間机に座れば良いという事ではありません。

むしろ、長く机に座って学習をするというのはマイナスになる要素もかなり多くはらんでいます・

無駄に時間だけすごしているという中学生、小学生はたくさんいます。

家庭教師の講師がいない時、生徒が一人で家庭学習の習慣をしっかりとつけるために、生徒の目線にたって宿題を出したり、指導中に上手く声をかけるコトにこだわりをもって指導をしています。

現在、小学生の生徒の約半分。中学生の生徒の8割以上が塾や家庭教師、通信教育など学校以外で学習の習い事をしている生徒だと聞きます。

中学生になると塾にいっていないと珍しいと感じる位、塾などの学習の習い事をすることが一般的です。

ただ実際、話を聞いて見ると、塾に行っている時はやっている。でも家庭学習の習慣はついていない。だから成績は伸びていない。

そんな中学生が多いみたいです。

特に中学生になると学校の宿題が出なくなるので中学生になると余計に家庭学習の習慣がなくなる傾向にあります。

小学生の時は宿題をするのが当たり前。でも、

中学生になると家庭学習をしている生徒が珍しい。

そうなってしまいます。

だから、中学生になると、自分で上手く家庭学習の習慣を付けていかないと
どんどん成績が下がってしまい、やる気までもどんどんなくなってしまいます。

だから、私たちは学校の授業にあわせて毎日宿題を出していきます。

中学生の生徒は小学生に比べると授業のスピードも科目の数も増えます。

だからこそより効率よく学校の授業を理解出来る様に予習復習などの宿題を出す様にしています。

中学生の生徒の予習復習テスト対策の指導について

 

先生と一緒にいる時だけは難しい問題も解ける!

 

でもそれにも関わらず、家庭学習をする際には先生と一緒にいる時には解けていたはずの問題が解けない。

それどころか、もっと簡単な問題も解けない。

だからもちろん、中間テストや期末テストでは点数が取れない。

こんな風になってしまっている生徒がたくさんいます。

中学生になると小学生と違ってテスト範囲も広くなります。

小学生の時と同じように学習している生徒は大体点数が下がります。

 

小学生のテストの平均点:80点
中学生のテストの平均点:50~55点

つまり、小学生の時80点くらい取れていた生徒は同じやり方を中学生でもやっていくと
中学生のテストでは50点くらいしか取れなくなるという事です。

そうならない様に小学生の間から中学生に向けてしっかりと家庭学習のやり方から身に付けて
家で学習をする習慣を付けておきましょう!!

 

どんなに塾や家庭教師の講師が上手く教えても結局、家に帰って、それから一人で家庭学習を行う時に上手く出来ないのであれば成果はうまれません。

だから、私たちは、家で一人でやる家庭学習にとても力を入れています。

家庭学習の習慣を付けて自立して学習が出来る様になれば確実に成績は伸びます。

また成績を伸ばすだけでなく、学習に対するやる気が出て、自信が付く事で学校生活がより楽しくなります。

私たちは勉強の解らない所を教えるだけではなく、学習のやり方から教えているので、今までの大変に思っている学習方法よりもかなり勉強をラクにして、なおかつ、家庭学習の習慣を付けることが出来ます。

だから、より勉強もしやすくなるし、更に成績を伸ばす事も出来るので、生徒の学習に対する意欲がどんどん湧き出てきます。

私たちも小学生、中学生の時は勉強が苦手。どちらかというとキライでした。

当然、家庭学習の習慣は全くありません。

宿題のない中学生時代は学習時間0時間。
恥ずかしながらそんな中学校時代ををすごしていました。

むしろ学習に対する意欲はマイナスだったかもしれません。

だから、中学生の時はいつもお父さん、お母さんに

 

「宿題しなさい!」

「いつまでTVみてるの!」

「ゲームしつまでしてるの!」

「さっさと勉強しなさい!」

「何であなたはやる気がないの!」

 

と言われて、親子ゲンカをしながら、嫌々ながら勉強してきた経験があります。

だからこそ、勉強嫌いな生徒たちの「勉強をやりたくない」気持ちが本当にわかります。

ゲーム、マンガ、テレビ・・・。
中学生になると部活動なども本格的に始まります。

今は昔以上に、勉強以外の楽しい事が多く、
私たちもそれらの誘惑に負けてしまい、勉強やらないといけないのはわかっていても、
家庭学習をやれずに、勉強に対してやる気をもてない時期がありました。

塾に行っている時だけの勉強。家庭教師の講師が来ている時だけの勉強。
全く身にならない勉強を続けているという風になっていました。

その生徒の目線にたった視点だからこそデスクスタイルは、

勉強がキライな生徒たちがラクに学校の授業を理解できる勉強のやり方にこだわり続けています。

 

アッという間に授業の内容をおさえる事が出来る目からウロコの勉強法!

     

  • テストに出るポイントに絞った勉強法!
  • ポイントをおさえた予習・復習のやり方!
  • 自分の段階に合った勉強法!

 

勉強嫌いな子が、勉強が楽しい!
に変われるような指導にこだわってデスクスタイルは頑張り続けます。

勉強が楽しいに変わるために、何を身に付ければいいのか?

それは短時間で簡単に家庭学習が出来るやり方を身に付ける事。

毎日10分や20分程度で終わる勉強なので、毎日家で学習をする習慣がつきます。

何度も申し上げたとおり、中学生になると宿題が出ないので家での学習時間が0になります。

でもそれは中学生が小学生よりも勉強に対してのやる気がなくなった。
のではなく、宿題が出ないので何をどうすればいいのか。

それがわかっていないだけです。

だから、デスクスタイルでは中学生にも小学生にもしっかりと学習の計画を立て
上手く家庭学習が出来る様にうながしていきます。

 

塾や家庭教師をしているのに成績が伸びない。。。

 

色々なお母さんから毎日同じお問い合わせを受けます。

 

塾に言っているけど、成績が伸びない。

家庭教師に来てもらっているけど勉強全然しない。

通信教育で教材を頼んでいるんだけど、全然やらない。

 

結局塾や家庭教師をしていても成果が出ていない生徒がたくさんいます。

では、何故成績が伸びないのか?

その答えはとても簡単です。

それは勉強法が子供に合っていない。

ただ、それだけの理由です。

勉強法があっていないから家庭学習をやらない。

意外と自分に合った勉強を探す事は大変です。

インターネットや新聞折込、色んなところで家庭教師や塾、通信教育などが紹介されています。

どの方法をとったとしても自分にあった学習法であれば確実に成績は伸びます。

ただ小学生や中学生の生徒自身は自分の段階や自分の勉強の状況など解っていないません。

お父さん、お母さんも生徒の段階を性格に把握している人は少ないです。

中学生になるとご両親が学校の教科書を見て教える機会も減るので中学生の生徒の学習段階を把握している親御さんはほとんどいません。

デスクスタイルでは指導の開始前に私たちのオリジナルの実力の確認テストをしてもらいます。

※オンラインスクール無料お試しの生徒で小学六年生と中学生の生徒のみ※

そして専属のスタッフ(デスクチューター)がその実力確認テストを分析し担当の講師に内容をフィードバックし生徒の状況にピッタリ合わせた形で指導していきます。

今生徒がどういうところを苦手にしているのか

何故成績が伸びないのか

これからどうすれば成績が伸びるのか

全く家で学習をしない生徒がどうやれば家庭学習の習慣が付くのか

あげていくときりがないですが、これらを専属の教務スタッフであるチューターが
生徒に合わせて講師一人一人にしっかりと研修を行い
家庭学習の習慣づけの指導。勉強のやり方から教える指導を実践できる様に教育していきます。

当然、おうちに伺う講師もその生徒1人に合わせたカリキュラムで生徒と一緒に勉強をしていきます。

デスクスタイルでは子供の目線に立って、しっかりとお子さんの勉強の状況を把握し
生徒の現状の学力アップと今の学校の授業の理解度の向上を目指して指導していきます。

またデスクスタイルでは塾の個別指導と違い、完全に1対1なので一人一人の生徒にぴったり合った勉強法をみにつけさせることが出来ます。

生徒それぞれに個性があります。

性格的な部分もそうですが、学習面でもそうです。

同じ50点の中学生の子が10人いたとしても、10人それぞれが苦手な部分。勉強をしないといけない部分は違います。

私たちは1対1の指導にこだわる事でどの基礎に戻って進めていくのか。

例え中学生であっても小学生の部分から戻る必要がある生徒はしっかりと小学生に戻る。

数学が苦手で英語が得意な子どもであれば、数学は中学生でなく、小学生の内容をして、英語は中学生の内容をする

こんな風に生徒に完全に合わせた指導を行うことが出来るので、効率的に苦手を克服する事が出来、効率的に得意科目を伸ばすことが出来ます。

だから最終的に成績を伸ばす自信があります。

 

家庭学習のやり方が解らない。

家庭学習の習慣が全くない。

成績を向上させたい

こんな風に中学生、小学生のお子さんの学習面でお困りの方は無料体験学習だけでもぜひぜひお試し下さいね。

小学生と中学生対象の無料体験学習の紹介ページはコチラ

家庭教師一日無料体験学習のお申し込みはこちら

ページトップ